鍵屋とシリンダー錠の鍵違い数と防犯機能

鍵についての性能をみていくとしますと、注目をしていかなければいけないのが鍵違い数といういものです。
その鍵違い数というものについてなのですが、その違う部分がたくさんあればある程、安全性の高い鍵であるということになるのです。
特にシリンダー錠についてなのですが、鍵違い数がかなり豊富になっていますので、そちらを確認してみるといでしょう。
防犯能力の高いような鍵を積極的に活用していけるようになさるべきです。
鍵屋さんにその鍵違い数のほうを確認してみると良いでしょう。
鍵屋さんでは在庫に必ずシリンダー錠というものをたくさん用意しているのです。
その在庫のシリンダー錠についてなのですが、まず鍵違い数ですが基本的に1億以上はあることが多くなっています。
1億5000万通りという場合があります。
また、中には2way機能というものがあるものもあります。
そちらの場合ですと、5000億通りの鍵違い数があることもあるのです。
ですので、1億5000万通りでもすごいのですが、さらに上もあるというわけなのです。
ほとんど防犯の力には心配がないというようなことも言えるのではないでしょうか。
またシリンダー錠の中には、鍵違い数という防犯機能とともに、上記した2way機能になっているとピッキング対策にしっかりとなってくれるのです。
ピッキング対策をしっかりとしていこうと思いましたら、シリンダー錠の2way機能という部分をしっかりと見ていかれるべきでしょう。
またシリンダー内部につきましては、硬度の高い部品を使用したようなものがお勧めになっています。
いわゆるドリルによる鍵の破壊につきましても強さを発揮してくれるのです。
以上のようにシリンダー錠には、かなりの防犯能力が秘められているようなものがあるのです。
特に鍵屋さんのほうへアドバイスを頂きましてシリンダー錠は選んでいきましょう。
種類が多いですので、どのシリンダー錠にどういった機能があるのかを確かめていくべきです。

This entry was posted in 鍵の機能性. Bookmark the permalink.

Comments are closed.